ひらざわクリニックからお子様・お子様連れの患者さんへ

ひらざわクリニックではお子さん・お子様連れの患者さんがご一緒に安心して当院をご利用していただけるようさまざまな努力をいたしております。


小児のかかりやすい病気について

疾患名(一部)
・急性中耳炎 ・滲出性中耳炎 ・小児副鼻腔炎 ・アレルギー性鼻炎 ・扁桃腺肥大

小児期はさまざまなウィルスや細菌に感染しやすい時期です。
症状として
ⅰ)鼻が詰まって、グズグズしてる
ⅱ)黄色い鼻水がたくさんでる
ⅲ)咳がでる
などといった鼻の感染症状の後、急に耳を痛がり急性中耳炎を起こします。
適切な治療により急性の中耳炎は大部分改善します(耳が痛くなくなる)。
しかし扁桃腺肥大(アデノイド肥大)やアレルギー性鼻炎がある患者さんは鼻の感染がなかなか落ち着かず、副鼻腔炎の状態(蓄膿)となってしまうことがあります。こうなると耳と鼻をつなぐ管(耳管)も働きも悪く、耳に空気が入らなくなり、急性中耳炎の後に残った滲出液が中耳腔(鼓膜の奥側あたり)に閉じ込められ滲出性中耳炎となってしまいます。
滲出性中耳炎が長期間持続すれば耳の発育が悪くなり、聴こえが悪くなったり様々な症状に悩まされてしまいます。
小児期の副鼻腔炎は良くなったり悪くなったりしやすく、薬を飲んでも効果が思ったほどでないこともあります。
耳鼻咽喉科でのこまめな鼻の処置やネブライザーの治療が重要と考えています。

top

ひらざわクリニックの設備について

●キッズスペース
キッズスペース
キッズスペース
プレイスペースの周りにソファーがあり、お母様や保護者の方が座っていて目の届く位置でお子様とともに待ち時間を過ごしていただけるようにしています。
広々としたスペースで小さな赤ちゃん連れの方にも安心してお待ちいただけます。
またクッション性のある床材になっており、転んでも安心です。

ひらざわクリニックでは 小さな患者さまのために
快適なキッズスペースを心がけています。

おもちゃの共有を気持ちよくしていただくために・・・
お子様が口にいれたおもちゃ、床に落としてしまったおもちゃはかごにお入れ下さい。
当院スタッフがおもちゃ専用の除菌スプレーで除菌してからお戻ししております。
なお 気になるようであれば、除菌スプレーをどうぞご自由にお使い下さい。
気持ちの良いおもちゃの共有のために、 ご協力お願いいたします。

クリニックからのお願い
キッズスペースでお子様を遊ばせる際には、お子様から目をお離しにならないようお願いいたします。
●おもちゃ・絵本 ●パウダールーム
温かみのある木のおもちゃや絵本をご用意しております。 お子さん用にオムツの交換台を設けてあります。
おもちゃ・絵本 パウダールーム・おむつ交換台
●ネブライザー ●授乳中の患者様・お子様
ネブライザーは約2〜3分間ですが、お子様にとっては退屈な時間です。
退屈しないようからくりのおもちゃを置いてあります。
気がまぎれればいいなと考えています。
授乳中の患者さんやお子様には授乳ケープを用意しております。
必要な場合はお気軽にお申し付けください。
ネブライザー
top